好評だった東京駅での佐野産イチゴの販売。さのまるも駆け付け、市をPRした

 【佐野】東京で佐野産のイチゴと市をPRしようと、市とJRバス関東、JA佐野は8、9の両日、東京駅JR高速バス乗り場で、とちおとめとスカイベリーを販売した。佐野発東京行きの高速バスが貨物を運ぶ「貨客混載」方式の実験も兼ねた初の試み。両日ともイチゴは販売終了前に売り切れ、市観光立市推進課は「全国をはじめ、中国など外国人にもアピールできた。イチゴは一つのツールと考え、モモやナシなど季節ごとに違う商品も考えたい」と手応えを感じていた。