【北の味めぐり】ベーグルセット ぼくのカフェ(大田原)

【北の味めぐり】ベーグルセット ぼくのカフェ(大田原)

 20代の夫婦が営むカフェの看板メニュー、ベーグルセット(850円)。藤田圭助さん(28)が手ごねでベーグルの生地を作り寝かせた後、妻碧(みどり)さん(22)が成形して焼き、食材を挟み味付けをする。ケーキなどデザートを担当する圭助さんと、クッキーなどの焼き菓子を担当する碧さんが2人で作り上げるメニューだ。

 「出来たてのベーグルを提供するお店はあまりないので、ベーグルのおいしいお店を開きたいと思ったんです」と碧さんは話す。ベーグルの具は生ハム、エビ&アボカド、スモークサーモン&クリームチーズの3種類から選べる。ベーグル独特のもちもちとした食感と黒コショウが利いたソースが合う。

 店は2012年6月にオープン。店名の「ぼく」はオープンの2カ月前に生まれた息子昊(そら)君(2)を指している。碧さんは「息子と店はこれからずっと同い年なんです」と笑顔を見せる。

 オープンから2年半が過ぎ、客足も安定してきた。藤田さん夫婦は「来た人にゆっくりとした時間を過ごしてもらえるお店を、これからも続けていきたい」と声をそろえる。

 ◆メモ 大田原市黒羽向町1082の3。午前10時~午後6時(土日・祝日は午前11時~)。水曜定休。今月24日は営業。電話0287・54・1268。