栃木SCジュニア-TEAMリフレ決勝 第1ピリオド12分、栃木SCのMF吉沢が3点目のゴールを決める=宇都宮市サッカー場

優勝した栃木SCジュニア

準優勝のTEAMリフレSC

3位のともぞうSC

3位の南河内SSS

栃木SCジュニア-TEAMリフレ決勝 第1ピリオド12分、栃木SCのMF吉沢が3点目のゴールを決める=宇都宮市サッカー場 優勝した栃木SCジュニア 準優勝のTEAMリフレSC 3位のともぞうSC 3位の南河内SSS

 第36回県少年サッカー新人大会兼JA全農杯全国大会in関東大会県大会(県サッカー協会、下野新聞社主催)最終日は11日、宇都宮市サッカー場で準決勝と決勝を行い、栃木SCジュニアが7年ぶり4度目の優勝を飾った。

Web写真館に別カットの写真

 大会は1月19日に開幕、延べ3日間で64チームが熱戦を繰り広げた。決勝は栃木SCとTEAMリフレSCが3ピリオド×12分のレギュレーションで激突した。

 栃木SCは第1ピリオド2分、DF大塚景弘(おおつかかげひろ)のゴールで先制。さらにMF臼井蒼悟(うすいそうご)、MF吉沢頌裕(よしざわしょうすけ)が追加点を挙げ3-0とリードを奪った。第2ピリオドも序盤に相手オウンゴールで2点を加えると、MF中島一騎(なかじまいっき)が6点目を挙げ試合を決めた。

 序盤から追い掛ける展開を強いられたリフレSCだったが、第2ピリオド終了間際にMF田中陽大(たなかはると)のミドルシュートで一矢を報いた。

 栃木SCとリフレSCは3月15日から横浜市で行われる関東大会へ出場する。