【よるのみや】イタリアンバル グラッパ いろいろ選んで楽しんで

【よるのみや】イタリアンバル グラッパ いろいろ選んで楽しんで

 少しずついろいろなものを食べたい。そんな願いをかなえてくれそうな看板「小皿イタリアンバル」を街なかで見つけた。「安くいろいろなものを食べてほしいと店を始めた」と舛渕武士オーナー(37)。相思相愛だ。

 メニューには17種類の小皿料理(380円)が並ぶ。「タコときゅうりの冷製プッタネスカ」と、人気の「樽詰(生)スパークリングワイン」(480円)を注文。さっぱりとしたプッタネスカがスパークリングワインによく合う。

 外国の酒にこだわり、生ビールも外国産2種類だけを置く。このうち珍しいというイギリスの「バスペールエール」(600円)を頂く。荒くつぶしたジャガイモに、アンチョビの塩気が程よく効いた「アンチョビポテト」が、これまたよく合い、ビールが進む。

 小皿料理とはいえ、少な過ぎず、十分楽しめる。小皿料理以外にも、舛渕さん手作りのピッツア(950円)、パスタ、魚や肉料理、デザートなど充実している。店名の由来になったブランデー「グラッパ」を使った自家製「リモンチェッロ」(550円)も、ぜひ試したい一杯だ。

 ▽メモ 宇都宮市二荒町1の11松村ビル2階▽営業時間 正午~午後2時(ランチ、営業日月~木曜日)、午後6時~午前1時▽定休日 日曜日▽電話028・612・8325