【よるのみや】四季の味さくら 路地裏の隠れ家で旬を堪能

【よるのみや】四季の味さくら 路地裏の隠れ家で旬を堪能

 ユニオン通りから大通りに抜ける路地にたたずむ板張りと白壁の和風の和食店。まさに隠れ家と呼ぶのがふさわしい。

 5人掛けのカウンター席の中央に陣取り、料理3品と飲み物2杯の「晩酌セット」(税別3千円)を注文する。カレイのすし、ぎんなん、クリ、タラコの前菜に、マグロ、カレイ、ボタンエビが盛られたお造り、エビ、野菜の天ぷらを選んだ。

 合わせるのは日本酒だな。さて、何にしようか。ん? メニューには日本酒好きにはたまらない銘柄が並んでいる。地酒に加え王禄(島根)、天狗舞(石川)…。迷った末、最初は大田原の天鷹純米吟醸「心」に決めた。

 「旬と天然物にこだわっている」というだけに料理はどれも美味で日本酒にぴったり。追加の日本酒は田酒(青森)だ。

 店主の大貫光夫さん(57)、妻の理子さん(39)との会話、広過ぎない店内はなんとも居心地がいい。独りでふらっと立ち寄る店をまたひとつ見つけた。

 ▽メモ 宇都宮市伝馬町4の14▽営業時間 午前11時30分~午後2時30分、同5時~同10時30分(ラストオーダー同9時30分)▽定休日 なし(日曜、祝日は予約のみ)▽電話028・632・1976