【この店この逸品】カヌンド 鹿沼商工高と「お鹿しの会」(鹿沼)

 鹿沼商工高商業部員のアイデアを基に、市内菓子店の若手経営者でつくる「お鹿しの会」の4店舗が作り上げた。メープルの香りが楽しめたり、とちおとめの味わいを堪能できたりと、一口に「カヌンド」と言っても“四者四様”だ。

 4種類のカヌンドで共通しているのは生地のみ。生徒が味や形などのアイデアを各店舗に提案し、それぞれの店主が具現化させた。材料の仕入れなどは各店舗が行っている。

 メープルの香りとチョコチップの食感が楽しめる焼き菓子「カヌンドメープルチョコ」(185円)、白い黄身の卵を使ったクルミ入りのブラウニー「白玲」(200円)、チョコレートでコーティングされたドーナツ型の「焼きドーナッツカヌンド」(190円)、乾燥させたとちおとめを生地に入れて焼き上げた「いちごのカヌンド」(180円)が「まちの駅 新・鹿沼宿」物産館の店頭に並ぶ。

 鹿沼ぶっつけ秋祭りに合わせて11日にJR東日本が実施する「駅からハイキング」で、同校はコースとなっており、初めて同校体育館で販売する予定という。

 ▽メモ 「まちの駅 新・鹿沼宿」物産館は鹿沼市仲町1604の1▽電話0289・60・2507▽営業時間 平日午前9時~午後6時、土日祝日午前9時~午後7時▽定休日 なし