【ご当地手土産】足利ゆずわいん(足利)

 足利市のワインといえばココ・ファーム・ワイナリーのココワインが有名だが、市特産のユズを100%使った丸川屋のユズワインもひそかな人気を集めている。

 「足利のユズで酒を造れないか」。酒類販売の同社にJA足利の関係者からこんな要請があったのは1999年。同社は早速、取引のあるワインメーカーとともに製造を開始した。

 まだ青みがかったユズの一番搾り果汁を使うことで「すっきりして、お酒が飲めない人にも楽しめる味。思っていた以上のワインができた」と、同社専務の長谷川浩之さん(47)。「白ワインと同じ10度くらいで飲んでほしい」と勧める。

 発売開始から15年。原料のユズは今もすべて同JAから提供を受ける。足利商工会議所の「足利ブランド」に選定され、同社店舗で販売するほか、市内の酒店など約20店舗にも卸している。

 長谷川さんは「JAと連携があったからこそここまで来られた。市特産のユズで足利をPRできれば」と話している。

 ▽メモ 丸川屋▽足利市通4の2802 電話0284・21・4141▽午前9時~午後8時 日曜定休▽価格 720ミリリットル1512円(税込み)