【よるのみや】郷土料理で日本酒堪能 酒楽くらた商店

【よるのみや】郷土料理で日本酒堪能 酒楽くらた商店

 この店の最大の特徴は50種類を数える日本酒の品ぞろえ。各地の酒に合うそれぞれの郷土料理も魅力だ。

 カウンターの中央に陣取り、メニューを眺める。ん?鯖へしこ?悩んでいると店主の倉田君男さん(62)がすかさず「サバに塩を振ってぬか漬けにしたもので、北陸の郷土料理です」。フグの卵巣を2年以上ぬかに漬けることによって毒素を消滅させた石川県の郷土料理もある。となれば、合わせるのは石川県の銘酒「菊姫」の純米酒だろう。

 塩気の効いた鯖へしこをかじり菊姫をぐびり。なんとも言えないうま味が口いっぱいに広がる。大根おろしと一緒に食べると、カラスミにも似た味に変わった。

 他県だけでなく、わが郷土の味もある。湯葉、栃木和牛煮。野菜は地場産のものばかりだ。酒は惣誉か、鳳凰美田か…。

 日本酒をこよなく愛し、食材にこだわる倉田さんとの会話も楽しい。教えたくない店がまた一つできた。

 メモ 宇都宮市泉町5の10▽営業時間 午後5時~同11時▽定休日 日、月、火曜、祝日(予約があれば営業)▽電話028・624・2240