【この店この逸品】熟成セレクション高級食パン ショコラの食パン(下野)

 ちょっとぜいたくに、厚めに切って食べたくなる食パンだ。パン切り包丁を入れると小麦粉の風味が広がる。ジャムなどは付けず、そのまま口に運びたくなる香りだ。もちもちの食感だけでなく、程よい硬さのパンの耳も楽しめる。

 仕込みは前日から。水ではなく沸騰したお湯と粉で種を仕込み、当日さらに粉を入れて練り直す。店長の宮部武範さん(32)は「仕上がりを考え、生地の丸め加減に一番気を使っている」と説明する。

 東日本大震災直後に店を立ち上げた。今月から店をリニューアルし、食パンを中心メニューに据えた。小規模の店内だが、こだわり抜いた3種類の食パンが看板メニューだ。「超プレミアム」「熟成セレクション」「特選スペシャル」−。商品名からも上質感や高級感が漂う。

 シンプルな食パンを基本にくるみやレーズン入りなどもそろう。予約や取り置きも対応してくれる。

 宮部さんは「軽く焼いてバターをつけるだけでもおいしいけれど、食パンがそのまま食べてもおいしいということを分かってほしいですね」と自信をのぞかせていた。

 ▽メモ 熟成セレクション高級食パンは1斤350円▽下野市薬師寺2460▽電話0285・40・8026▽営業時間 午前10時~午後6時30分(売り切れ次第終了)▽定休日 無休