宮の原-上都賀選抜女子1位リーグ戦 第1クオーター1分、宮の原の斎田(右)がシュートを放つ=TKCいちごアリーナ

TEAMしもつが-姿川二男子1位決定戦 第3クオーター4分、TEAMしもつがの手塚(中央)がシュートを決める

女子優勝の宮の原

男子優勝のTEAMしもつが

女子準優勝の上都賀選抜

男子準優勝の姿川二

宮の原-上都賀選抜女子1位リーグ戦 第1クオーター1分、宮の原の斎田(右)がシュートを放つ=TKCいちごアリーナ TEAMしもつが-姿川二男子1位決定戦 第3クオーター4分、TEAMしもつがの手塚(中央)がシュートを決める 女子優勝の宮の原 男子優勝のTEAMしもつが 女子準優勝の上都賀選抜 男子準優勝の姿川二

15人全員の力が結実

 TEAMしもつが-姿川二男子1位決定戦 第3クオーター4分、TEAMしもつがの手塚(中央)がシュートを決める

 〇…4年ぶりの栄冠をつかんだ男子のTEAMしもつが。フォワード佐伯隼士(さえきはやと)主将は「(ベンチメンバーも含めた)15人全員で戦ったことが勝因」と笑顔を見せた。

 「腕1本分の長さまで近づいた」と佐伯主将が語るように、各選手が相手に至近距離でプレッシャーをかける激しい守備で流れをつかんだ。第2クオーターをわずか6失点に抑えると、以降は170センチのセンター手塚大貴(てつかひろき)が躍動。後半だけで27得点を奪い一気に試合を決定付けた。大車輪の活躍にも手塚は「みんなが大事なところでいいパスをくれたから」と謙虚。「夢のようなこと。うれしい」と仲間たちと勝利の味をかみしめていた。

 ▼上都賀選抜・星野琉奈(ほしのるな)主将(宮の原に逆転負けし女子準優勝)「チームとしてはいい守りができていた。最後に決めてくるあたり、相手はさすがだと思ったけど悔しい。運と実力で負けた」

 ▼姿川二・小川蓮央(おがわれお)主将(男子準優勝に)「ディフェンスからの速攻という自分たちのバスケは出せたので悔いはない。(3月の)全国大会でも大きい選手が多いと思うので、引かずに挑戦していきたい」