宮の原-上都賀選抜女子1位リーグ戦 第1クオーター1分、宮の原の斎田(右)がシュートを放つ=TKCいちごアリーナ

TEAMしもつが-姿川二男子1位決定戦 第3クオーター4分、TEAMしもつがの手塚(中央)がシュートを決める

女子優勝の宮の原

男子優勝のTEAMしもつが

女子準優勝の上都賀選抜

男子準優勝の姿川二

宮の原-上都賀選抜女子1位リーグ戦 第1クオーター1分、宮の原の斎田(右)がシュートを放つ=TKCいちごアリーナ TEAMしもつが-姿川二男子1位決定戦 第3クオーター4分、TEAMしもつがの手塚(中央)がシュートを決める 女子優勝の宮の原 男子優勝のTEAMしもつが 女子準優勝の上都賀選抜 男子準優勝の姿川二

 JA共済カップ第15回県ミニバスケットボールフェスティバル(県バスケットボール協会、県ミニバスケットボール連盟、下野新聞社主催、JA共済連栃木特別協賛)最終日は10日、TKCいちごアリーナ(鹿沼総合体育館)で男女の順位決定戦などを行い、男子はTEAMしもつがが4年ぶり3度目、女子は宮の原が2年ぶり3度目の栄冠を手にした。

 男子のTEAMしもつがは1位決定戦で姿川二に75-48で完勝した。中盤以降、体格で勝るインサイド陣がゴール下を制圧。手塚大貴(てつかひろき)が27得点を奪うなどの活躍を見せ、点差を広げた。 女子の宮の原は1勝同士で迎えた上都賀選抜との1位リーグ最終戦を、31-30の逆転で制した。相手に主導権を握られる苦しい展開となったが、後半に河津春香(かわつはるか)主将を中心とした堅守で流れを呼び戻し、試合残り2秒で斎田夢良(さいだゆら)が劇的な逆転シュートを決めた。