自民党公認で参院選立候補を予定している3氏。左から渡辺氏、高橋氏、角田氏=10日午後、東京都港区

 安倍晋三(あべしんぞう)首相(自民党総裁)は10日の自民党大会終了後、今夏の参院選に立候補する党公認候補者予定者に公認証書を手渡した。本県関係では栃木選挙区で再選に挑む現職の高橋克法(たかはしかつのり)、比例代表で新人の角田充由(かくたみつよし)の両氏が対象。無所属現職で比例代表再選に挑む渡辺美知太郎(わたなべみちたろう)氏には、公認内定証書が手渡された。

 都内のホテルで開かれた党大会後、証書の交付と首相との写真撮影が行われた。党大会では壇上で一人ずつ紹介され、さながら出陣式の様相だった。