【ご当地手土産】味噌ドーナツ 佐野

 社名にもなっている「味噌まんじゅう」は、言わずと知れた佐野を代表する銘菓。ドーナツは、日本の伝統食である味噌の魅力を見つめ直してもらおうと、若い女性をターゲットに考案した和洋折衷のスイーツだ。構想から5年。試行錯誤を繰り返して、2010年6月に商品化された。

 壬生町の老舗・天志古商店の「たまり味噌」を生地に練り込み、低温でじっくりと揚げる。食べやすいスティックタイプで、甘さは控えめ。「味に奥行きを持たせるためにゴマを加えた」と3代目の野部武典社長(44)。味噌のうま味とゴマの香ばしさが絶妙なバランスで、飽きが来ない。保存料や添加物は一切使っていないといい、乳幼児のおやつにもオススメだ。

 ドーナツと同時に開発した「味噌ぷりん」(259円)も全国区の人気を誇る。ことし1月には「味噌モナカ」(156円)も発売。野部社長は「商品の選択肢を広げてファンを増やしていきたい」と意欲をにじませた。

 ▽メモ 味噌まんじゅう新井屋▽佐野市葛生西2の1の25 電話0283・85・3021▽午前8時~午後6時 月曜定休▽価格 1袋388円(7本入り)