チラシを手に来場を呼び掛ける沼野実行委員長

 【宇都宮】心のバリアフリーを推進するストリート音楽祭「とっておきの音楽祭 inうつのみや」をPRするプレイベントが24日、野沢町のパルティで初めて開かれる。音楽祭は9月開催を予定しており、同委員会の沼野彩香(ぬまのさやか)実行委員長(28)は「音楽を通して、誰もが楽しめる空間づくりができると知ってほしい」と来場を呼び掛けている。

 とっておきの音楽祭は2001年、障害のある人とない人が共存する社会を目指し仙台市で始まった。市民が商店街などを舞台に演奏するイベントで、各地域の有志による実行委員会が企画・運営し、これまで全国20カ所で実施された。

 沼野さんは10年ほど前に初めて音楽祭を目にし、「街の連帯感に魅力を感じた」と宇都宮での開催を決意した。2年前には同じ志を持った2人と発祥地である仙台市を再び訪れ、主催団体に相談するなど試行錯誤。昨年夏、周囲に声を掛け30人で実行委員会を結成した。

 プレイベント当日は2部制で、第1部は同市の音楽祭を題材としたドキュメンタリー映画「オハイエ!」を上映する。第2部ではオリジナルのプチ音楽祭を開き、視覚や聴覚障害がある人らでつくる4グループがピアノや和太鼓の演奏を披露する。

 会場は車いすの人がゆったり過ごせるスペースを設けるなど、バリアフリー環境の整備にも力をいれる。

 1部は午前10時~正午、2部は午後1時半~3時半。定員300人で入場無料。当日のボランティアスタッフも募集している。(問)同実行委員会totteoki.utsunomiya@gmail.com