【よるのみや】恵風(けいふう)

【よるのみや】恵風(けいふう)

 「そば前なくしてそば屋なし」。文豪・池波正太郎がそば屋での酒飲みの楽しみを表した言葉を体験しようと、築60年の古民家を活用した路地裏のそば店ののれんをくぐった。

 「そば前」と呼ぶ、そばが出てくる前に楽しむつまみと日本酒を注文した。そば店定番のだし巻き卵、板わさなどの三品盛りに、日本酒は島根の「王禄」の超辛純米の冷や。店主の千嶋一行さんこだわりの逸品だ。

 ちびちびやりながら千嶋さんとおしゃべり。以前は精進料理の店だったが、そばの評判がよく、5周年を迎えたことし4月から手打ちそば店にリニューアルしたという。

 そうこうしているうちに、せいろそばと天ぷら盛り合わせが出てきた。喜連川産の石臼ひきのそばは香りが高く喉ごしも最高。天ぷらはどれもからっと揚がり、ウドの若芽はこの時季ならではの味でおいしい。

 店名のようにさわやかな風が木枠のガラス窓から入ってくる中でのんびり酒を飲む。粋な大人の時間を楽しんだ。

 ▽メモ 宇都宮市東塙田1丁目3の5▽営業時間 午前11時30分~午後3時30分(月曜は予約の精進料理のみで午後3時まで)、午後5時30分~同8時(水曜~土曜)▽定休日 不定休▽電話028・623・9689