【この店この逸品】純生ろーる 創菓工房 松屋(鹿沼)

 まるでシフォンケーキのようにふわふわと柔らかいスポンジ。包まれているクリームは甘さ抑えめで、飽きが来ない。さっぱりとしているため一切れ、もう一切れとつい手が止まらなくなってしまう。

 代表取締役の熊倉雄一さん(47)は宇都宮市内の有名洋菓子店で8年半修業を積み、25年前に和菓子職人の父が営む店で洋菓子の販売を始めた。

 「純生ろーる」を店頭に並べ始めたのは8年前。瞬く間に店の目玉商品となった。市内外にリピーターが多く、そばを食べに鹿沼に来た際、必ず土産として買って帰る県外の常連客もいる。

 毎日早朝に焼き上げる生地には、市内産の卵を使っている。卵黄と卵白を別々に泡立てる「別立て法」により、ふわふわとした仕上がりになるという。

 熊倉さんは「子どもからお年寄りまで、誰でも食べやすい味に仕上がっている」と語る。ほかにも4種類のロールケーキがある(電話予約可能)。これからの暑い季節には、凍らせてアイス感覚で食べてもおいしいという。

 ▽メモ 「純生ろーる」は1000円▽鹿沼市下沢419▽電話0289・62・3277▽営業時間 午前8時~午後6時45分(土・日・祝日は午後6時まで)▽定休日 木曜