2019年度当初予算編成に合わせ、県は18年度に続き2度目となる事業見直しを行った。県育英会助成費など75事業を廃止したほか、88事業を見直し、経費削減額は約38億円となった。

 県育英会助成は、近年の貸与実績を踏まえて奨学金貸与事業への補助金を廃止。健康フェスタなどのイベント開催を含む「健康長寿とちぎづくり推進事業」も廃止を決めた。施設関連では那珂川苑、産業会館や交通安全教育センターの運営に関する費用など。