9種目を制覇し喜ぶ宇都宮商業高3年生

 【宇都宮】宇都宮商業高の3年生14人が本年度、全国商業高等学校協会(全商協)が主催する9種目の検定全てで1級を取得した。昨年に続く2桁の合格者数で、全国的に見ても上位に入る好成績だという。生徒たちは合格により就職や進学でも希望をかなえており、支えてくれた教員や同窓会に感謝している。

 検定は珠算、電卓、簿記、ビジネス文書、英語、ビジネス情報、プログラミング、商業経済、会計の9種目。同校によると、前年度の3年生の全検定1級合格者は11人で全国最多だった。指導した小宮啓幸(こみやよしゆき)教諭は「2年連続で全国上位の成績」とみている。

 9種目制覇したのは商業科の10人と情報処理科の4人。生徒たちは、2年時に9種目を制覇した金子勇佑(かねこゆうすけ)さん(18)や前年度の3年生に刺激を受け「希望する進路の実現」を目標に資格の勉強をした。