【よるのみや】ワイン楽しむ蔵の店 エノテカジャム 

【よるのみや】ワイン楽しむ蔵の店 エノテカジャム 

 大通りから上河原通りを北に進むと、大谷石蔵を生かしたおしゃれなイタリアンバール(イタリア風居酒屋)を見つけた。

 店名に「エノテカ」(ワイン蔵)とあるように、ワインには並々ならぬこだわりをみせる。オーナーの江沢侑宋さん(36)が「これから旬の山の幸や青魚には、ドライだけどタンニンが多めのものがお勧め。常温で提供することで香りも楽しめますよ」と語るように、季節や料理に合わせてワインを紹介している。

 看板メニューの「県産さくらポークのグリル」(1680円)は、豚肉の甘みとオリジナルのバルサミコソースとパルミジャーノチーズが絶妙に絡み合う一品。こちらは赤ワインと楽しみたい。

 「釜揚げシラスと丘ワカメのフェデリーニ」(1200円)では、白ワインをチョイス。「海の幸のカラスミには、さっぱりとした白ワインが合いますよ」との言葉通り、塩気の効いたパスタとドライなワインがマッチする。江沢さんとの会話も弾み、いつも以上にワインと料理を味わえた。