【よるのみや】本場タイの味を再現 スワンナプーム

【よるのみや】本場タイの味を再現 スワンナプーム

 宮島町交差点のすぐ近くに、真っ赤な看板と金色の装飾の異国情緒あふれる店ができた。扉を開けると、タイ語で「サワディーカー(こんにちは)」と出迎えてくれた。

 竹林町のドイツビアレストラン「バデンザ」の姉妹店。関口恒一総料理長(49)は「アジア料理は野菜をふんだんに使うので女性に人気。グルメにも納得してもらえるよう、現地シェフを呼んで本場の味を再現しています」と胸を張る。

 オススメはタイ風のマスマンカレー(1500円)。ビーフやカシューナッツ、唐辛子、ココナツミルクを煮込んでおり、マイルドな味わいが楽しめる。

 辛みと酸味が特徴のスープ・トムヤムクンや、甘酸っぱいパイナップルが入ったチャーハンなども、スパイスが利いているのに食べやすく仕上がっている。ぺろりとたいらげてしまった。

 タイ産ウイスキーやビールも充実。まるで現地を旅しているような気分だった。

 ▽宇都宮市大通り2の1の4▽営業時間 ランチ午前11時~午後3時、ディナー同5時~翌午前0時▽月曜定休▽電話028・680・6227