【よるのみや】野菜味わえる和食 四季旬菜みづほ

【よるのみや】野菜味わえる和食 四季旬菜みづほ

 丁寧に料理された魚介、肉ばかりではない。野菜の存在感が際立っている。

 前菜はこの季節ならではのカキ豆腐。タイの蒸し物、刺し身…。順に料理が出される。菜の花とホタルイカの酢みそがけに添えられたウドを頬張ると、風味が口に広がる。圧巻は旬の野菜の素揚げ。ニンジン、ブロッコリー、カブまである。市貝町の契約農家などから仕入れ、地産地消を「売り」にする。品々は体によさそう。

 夜のメニューは3千円からのコースのみ。「料理は日本酒に合うイメージで作ります」とご主人の大塚武さん(44)。自らも「飲むのは日本酒だけ」という左党だ。

 ビール、各種焼酎などのほか、日本酒は県内の地酒だけにこだわり、20種類近くを取りそろえる。

 不足がちな野菜も補え、日本酒もつい進む。飲み過ぎ? こちらは体によくない。女性に人気という1日限定20食、1千円の「ヘルシー健康ランチ」も試してみよう。

▽メモ

宇都宮市本町13の8▽午前11時30分~午後2時、午後5時~同10時▽土日曜日、祝日休▽電話028・621・8028