知事回答を受けて記者会見する自民の螺良政調会長(前列左から2人目)=6日午前、県庁記者クラブ

 県議会主要4会派は6日、2019年度県一般会計当初予算案への要望に対する福田富一(ふくだとみかず)知事の回答を受け、県庁でそれぞれ記者会見した。最大会派のとちぎ自民党議員会は「満額回答」を高く評価。第2会派の民主市民クラブも「前向きな回答」とし、一定の評価を示した。一方、県債残高が1兆1300億円に上る状況などに、財政不安を指摘する声も上がった。

 防災・減災対策、経済活性化など85項目、約29億1700万円の上乗せを求めていた自民に対し、福田知事は全額を認めた。