九州特産珍味を堪能 九州味処「ながさき」

九州特産珍味を堪能 九州味処「ながさき」

 長崎を中心に熊本、福岡といった九州特産珍味が堪能できる。一品へのこだわりは強いが、店構えはいたって気さく。2人とも長崎出身の店主菊池敬一さん(71)と妻雅子さん(70)が穏やかな笑顔で出迎えてくれた。  菊池さんは専修大応援団出身。メーカー勤務などを経て約30年前に宇都宮で店を構えた。自慢のレシピは長崎で中華料理店を営む高校の同級生から直々に聞いた。  看板メニューの長崎ちゃんぽん(850円)、皿うどん(同)。とんこつと鶏がらを一晩煮詰めてこして、サラサラ感を出す。これがうまい。豚肉と卵、たまねぎを混ぜ合わせてパンではさみ、蒸して揚げるハトシ(500円)もビールにぴったり。辛子れんこんや山ウニ豆腐など酒が進む九州の一品がそろう。料理に欠かせない焼酎は80種類あり、選ぶのに一苦労した。  お客の7割は口コミで知った九州出身者。宇都宮にいながら、身近に九州の豊かな食文化を感じられた。    メモ ∇宇都宮市江野町5の9篠原ビル地下1階∇午後5時半~午後11時(火~土曜日)、午前11時~午後3時(土、日祝日)∇定休日 月曜日∇電話028・639・2222