気取らず本物志向の味 旬菜和み家 蓮 

 大通りに面した入り口近くのカウンター席、さらに奥へと続くテーブル席。平日には、仕事帰りの老若男女の笑い声が響き渡る。

 まずは人気メニューの刺し身盛り合わせ(1人前1千円~)を注文。東京・築地市場からの直送で、涼感あふれる盛り付けが目と舌を同時に楽しませてくれる。ふわり。自家調合というしょうゆのコクが口の中に広がった。冷酒が一気に進む。

 オーナーの吉原雄一さん(33)は、東京の有名すし店などで研さんを積んだ実力派。10年ほど前に「創作居酒屋」として日光市に開店した店舗の姉妹店として2年前、宇都宮に進出した。

 「いんげん天ぷら」(500円)など旬の野菜は女大将の吉原麗美さん(34)の日光の実家産。「日光HI・MI・TSU豚」の串焼きもお薦めで、地産地消へのこだわりも。

 お店のモットーを「おもてなしの心」という麗美さん。気取らず本物志向の料理がそれを証明している。

メモ 宇都宮市池上町4の6▽営業時間 午後5時~同12時(11時ラストオーダー)▽日曜定休▽電話028・635・0666。