ジューシーなカブト揚げ 居酒屋「虎”権」(どらごん)

ジューシーなカブト揚げ 居酒屋「虎”権」(どらごん)

 オリオン通りと大通りの間の路地裏に入ると、黒い壁に小さな入り口。かがみながら引き戸を開ける。「いらっしゃい」。小網俊彦店長(37)が爽やかな笑顔で迎えてくれた。

 小網店長の高校時代の同級生が設計を手がけたという、こだわりの店内。しゃれた明かりのカウンター席には女性の常連客、1階テーブル席にはカップルと中年男性2人組など客層はさまざま。座敷席の2階は貸し切りもできる。

 店一番の名物は、若鶏の手羽付きの半身を揚げた「カブト揚げ」。外はパリパリ、中はジューシー。500円のワンコインがうれしい。妊娠中の記者をよそに、同僚が冷えたビールを飲み干し「あー最高」と声を上げた。

 「ちーず豆腐」も外せない。フランスパンに蜂蜜がけのクリームチーズを載せ、デザート感覚でいただく。濃厚なチーズとはちみつの甘さのハーモニーにうっとり。隠れ家的な店だが、ついつい人に教えたくなる。

▽宇都宮市馬場通り2の2の8▽ランチ 午前11時半~午後2時(平日)、ディナー 午後6時~午前零時(ラスト・オーダー)▽定休日 不定休▽電話028・639・9483