7つの顔を持つ男 レストラン「風見鶏」

7つの顔を持つ男 レストラン「風見鶏」

 チキンクリームコロッケが名物の1981年にオープンした洋食店。しかし夜は“名酒場”に様変わりする。

 午後7時。比較的空いている。ビールを口に含み、1時間ほど気兼ねない会話を満喫していると、なぜか10人ぐらいのグループ客が複数重なる。

 マスターの今泉知明さん(56)は保護司、消防団員、交通指導員、市民ランナーなど7つの顔を持つ。幅広い人間関係がベースとなり、その人柄を慕って仲間が集う。

 やがてイクラがふんだんに乗ったマグロのカルパッチョが登場し、ついつい酒が進む。鮮魚が売りの和食店のような味わいだ。定番のチキンクリームコロッケも頬張る。

 アルコール類も充実。ワイン通が納得の赤や白が常備されているが、市貝町の地酒「惣誉」の純米吟醸「香照」を頼む。他店ではめったに見かけない逸品。

 気付くと、人気の芋焼酎「赤霧島」を運ぶマスターの姿が。「こっちにも赤霧いいですか」。左党を移り気にさせる銘酒がそろう。

 ■メモ ▽住所 宇都宮市中央1の6の9▽営業時間 午前11時半~午後2時、午後5時半~同10時▽定休日 日曜、祝日▽電話028・633・4105。