【よるのみや】楽しみ方多彩な老舗 ステーキ&ワイン 存じやす

【よるのみや】楽しみ方多彩な老舗 ステーキ&ワイン 存じやす

 「ステーキ=存じやす」と答える宮っ子は数知れず。1932年に創業し、たくさんの家族においしい思い出を提供してきた。実は晴れの日だけでなく、デートや一人飲みも楽しめる。

 「伝統を受け継ぎつつも新しい味を」と話すのはマダムの小林美保(こばやしみほ)さん(44)。注文したのは銘々皿コース(要予約2人から、1人税別4千円)。生ハムやマリネなどのオードブル、バターコーン、サラダ、国産牛ロースステーキ、ライスまたはパンまたは炒めご飯、デザート、ドリンク。オードブルだけでもメインになりそうな量とおいしさ。ステーキは「さすが! 老舗」とうなる、軟らかで上質な肉が絶妙な焼き加減で出てきた。バレンタインデートにお薦めだ。

 料理に合うお酒は、ソムリエでもある小林さんが200種の中から選んでくれるので安心。「本日の気まぐれワイン」(税別900円~)もリーズナブルに楽しめる。

 1人で訪れた男性は、天然活〆釣り真ダイの刺し身(同600円~)やカニクリームコロッケ(同1個750円)を注文していた。魚系の料理も豊富で1人客もゆっくり楽しめそう。個室もあるので、人数や用途に合わせて多彩な使い方ができることも魅力だ。