【よるのみや】ラムチョップを厳選ワインで RECIPE(レシピ)

【よるのみや】ラムチョップを厳選ワインで RECIPE(レシピ)

 石畳が風情を醸す「みはし通り」に7月にオープンしたばかりの洋風創作料理店。ガラス張りの入り口からワインが並ぶおしゃれな店内がよく見え、横を通る度に気になっていた。

 オーナーの岸本敏宏さん(37)とドリンク担当の関根孝幸さん(31)の若い2人が切り盛りしている。木目調の落ち着いた内装は自分たちで手掛けたという。

 早速1番人気、骨付きのラムチョップ(1本580円)をオーダーした。マスタードソースで鮮やかに彩られ、見るからにおいしそう。手で持ってワイルドにかじりつくと、口いっぱいに幸せが広がった。

 「お肉にはこれが合いますよ」。厳選した12種類のワインから3種類を選んで飲み比べができるセット(800円)は、関根さんが味の特徴を丁寧に説明してくれる。うれしい。

 お勧めの魚のカルパッチョ(580円~)も追加。赤ワインの次は、飲み口が爽やかな白も堪能した。

 通り沿いでふらっと立ち寄りやすいし、2人の人柄がとっても魅力的。10月中旬からランチ営業も始まる予定で、これから昼も夜もお世話になりそうだ。

        

メモ 宇都宮市中央5丁目1の21▽営業時間 午後5時~午前1時(金、土曜は同3時)▽不定休▽電話028・633・7717