頭上に広がるシダレザクラ 日光の高田さん方

 【日光】日光地区の桜が次々と見頃を迎えている。稲荷町1丁目、高田雄康(たかだたけやす)さん(72)方では17日、推定樹齢360年のシダレザクラが満開となった。

 高さ約13メートルで、敷地から隣接道路を覆うように枝が張り出す。10日に咲きだし、春らしい気候となった15日から一気に開花した。

 通り掛かった国内外の観光客たちは、頭上に広がるピンク色の花に見入り、感嘆の声を上げていた。高田さんによると、見頃はあと1週間程度。その間、夜間にライトアップする。

 高田さんは「なかなか開花せず気をもんでいたが、弥生祭に合わせて咲いてくれた」と話している。

 (問)日光桜遊(おうゆう)会070・1524・2610。