旧中川中の技術室を改修して整備される広い学童保育室

小学生の体格に合わせて低い位置に取り付けられた黒板

旧中川中の技術室を改修して整備される広い学童保育室 小学生の体格に合わせて低い位置に取り付けられた黒板

 【茂木】敷地の一部が土砂災害危険区域にあり、移転方針が決まっていた牧野(まぎの)の中川小が、4月に那珂川を挟んだ河井の旧中川中へ移転する。茂木中への統合後約2年間空き家になっていた校舎内外の改装と修繕工事が進んでいる。

 中川小は校舎裏山が土砂災害を引き起こす危険があるとして、南東へ約1・5キロ離れた1982年建築の中川中跡に移転する方針を町が示し、PTAから学習環境の整備を条件に移転が了承されていた。これを受け町が体育館を含め全教室、トイレ、学童保育室、遊具などの年度内改修・整備を急いでいる。