世界選手権の日本代表入りを目指す鈴木

世界選手権の日本代表入りを目指す鈴木

世界選手権の日本代表入りを目指す鈴木 世界選手権の日本代表入りを目指す鈴木

 昨年8月に剣道の第60回全国教職員大会女子個人で優勝した鹿沼高教諭の鈴木瑞生(すずきみずき)(24)=5段=が、2021年にフランスで開催される第18回世界選手権大会の女子日本代表候補25人に選ばれた。本県からは男女を通じて唯一の選出。今後は定期的に行われる強化訓練講習会に参加し、10人の代表メンバー入りを目指す。鈴木は「トップレベルの緊張感を感じた。ここまで来たので代表に入りたい」と夢舞台へ意欲をみなぎらせている。

 世界選手権は国際剣道連盟が1970年から3年に1度開く国際大会。日本は2006年の男子団体を除き、男女の団体・個人の優勝を独占するなど圧倒的な戦績を残している。