宇都宮-春日部予選Aプール 後半4分、宇都宮の宗景(左)が右サイドを抜け出しトライを決める=国学栃木高ラグビー場

 第7回関東ラグビースクールU-12「栃木カップ」は2、3の両日、栃木市総合運動公園陸上競技場ほかで行われ、本県の3チームを含む1都5県の代表9チームが熱戦を展開した。県勢は宇都宮スクールが最高の3位に入った。優勝は江東クラブ(東京)で3連覇を達成した。

 大会は5・6年生を主体とした9人制。キックからの得点はなくトライの数で勝敗を決めた。各チームは初日に予選プールを行い、その順位を基に順位決定リーグを戦った。

 宇都宮スクールは予選プールで春日部(埼玉)、日立・石岡(茨城)を相次いで撃破。1位リーグでは2戦2敗だったが結果を残した。このほか佐野クラブが2位リーグ2位で5位、3位リーグに回った栃木市スクールは8位だった。

 また、大会と併せて行われた交流戦には、あしかがスクールも参加し、他県チームと熱い戦いを繰り広げた。