門出祝う満開のサクラ 那須塩原で「観桜乗馬」

門出祝う満開のサクラ 那須塩原で「観桜乗馬」

 春の風物詩「観桜乗馬」が12日、那須塩原市接骨木(にわとこ)の地方競馬教養センターで行われ、満開の桜並木の下を人馬が悠然と行進した。

 ルートは同センターを出発し、那須野が原公園の外周から県畜産酪農研究センターまでの約5キロ。ことしは95、96期の騎手候補生約20人が参加し、約2時間半かけて往復した。

 外乗は花が咲き誇る春の自然に触れ、人馬の心身をリフレッシュさせることが目的。教養センターの市内移転以来、半世紀以上続く伝統行事になっている。