宇都宮で桜開花

 宇都宮地方気象台は28日、宇都宮で桜(ソメイヨシノ)の開花を観測したと発表した。開花は平年より4日早く、昨年より2日早い。

 同気象台によると、宇都宮市明保野町にある標本木で開花を観測した。開花とは花が5~6輪以上開いた状態のこと。ソメイヨシノの開花から満開までの期間は平年値で7日間という。