竹灯籠が照らす、春の大久保町祭春の陣 大田原神社で8、9日

 【大田原】大久保町商店会は「大久保町祭~春の陣~」を8、9の両日、山の手2丁目の大田原神社で初めて開く。

 同町は昨年5月、約30年ぶりに町内会が復活、同商店会が10月に初めて秋祭りを開催した。

 市内の酒蔵や飲食店など2日間で15店が出店し、春限定の地酒や甘酒、豚汁などを販売する。境内には10枚の畳を敷きソメイヨシノの花見を楽しんでもらう。

 竹灯籠を制作するワークショップも両日開かれ、夜間は同神社の参道が手作りした竹灯籠でライトアップされる。

 田代尚之(たしろたかゆき)商店会長(40)は「参道のライトアップも初めての試み。ぜひ花見と一緒に楽しんでほしい」と話している。

 両日とも正午~午後8時。

 (問)田代さん090・1554・5204。