着物を着て花見楽しむ 那須烏山

 【那須烏山】着物を着て市内の桜などの花見を楽しむ恒例の花見会が9日、市内外から約50人が参加して行われた。

 花見会は「街に賑(にぎ)わいを興す会」が主催。一行は烏山公民館を出発し清水川公園などを花見をしながら散策し、お茶などを楽しんだ。

 野上、会社員小林美鳳(こばやしみほ)さん(40)は「ベトナム生まれで日本に住んで20年になりますが、初めて着物を着ました。とても桜がきれいで感激です」と話していた。