威勢よく豆をまく鎧武者姿の参加者=3日午後6時15分、足利市家富町

 今年で90回目となる足利市の伝統行事「節分鎧(よろい)年越」が3日夜、同市内で行われ、武者に扮(ふん)した甲冑(かっちゅう)姿の市民約300人が市中心部を練り歩いた。

Web写真館に別カットの写真

 武者たちは午後5時、同市通6丁目の織姫(おりひめ)公民館から出陣。ほら貝や陣太鼓を鳴らしながら約1時間かけて、同市家富町の鑁阿(ばんな)寺に集結した。