「日光桜回遊」スタート 専門家が詳しく解説 30日まで実施

 【日光】世界遺産二社一寺周辺の花見を楽しんでもらう桜巡りイベント「日光桜回遊」が8日にスタートし、東京大付属日光植物園の清水淳子(しみずじゅんこ)博士(34)によるガイドツアーが初めて行われた。参加者たちは、専門家による解説を熱心に聞き入っていた。30日まで。

 鉢石(はついし)地区の老舗商店などでつくる「日光桜遊(おうゆう)会」の主催。御幸町の日光郷土センターでオープニングセレモニーが行われ、約50人が参加した。斎藤文夫(さいとうふみお)市長は「歴史ある町の桜を大いに楽しんでほしい」とあいさつした。

 続いてガイドツアーを開催。昨年、桜の種類の特定にも協力した清水博士が座学で桜の基礎知識について講義し、参加者たちと同センター周辺の桜の名所を見て回った。