プロバスケットボールB1の栃木ブレックスは2日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で東地区首位の千葉と対戦し、65-68で競り負けた。通算成績は29勝8敗。順位は同地区2位のまま。

 公式戦2連敗中の千葉を相手に序盤で流れをつかみたいブレックスだったが、第1クオーター(Q)から千葉の外国籍選手にゴール下を支配される苦しい展開。得点を伸ばせないまま前半を22-36で折り返した。