7段に合格した(左から)上杉さん、小沢さん

 【野木】剣道愛好会「野木剣友会」に所属する町内の50代と40代の女性2人がこのほど、7段審査に同時に合格する快挙を成し遂げた。子育てや家事に追われる女性にとっては難関といわれ、7段の女性は2人を除いて県内に9人しかいない。目標に向かって一緒に稽古してきた2人は「同時に合格できて、うれしさも倍増です」と喜び合っている。

 7段に昇段したのは友沼、団体職員上杉紀子(うえすぎのりこ)さん(59)と丸林、主婦小沢千秋(おざわちあき)さん(48)。共に3人の子を育てながらブランクを挟みつつ、長年研さんを積んできた。