生徒から花束を受け取る梶谷さん(左)

 日光市の大沢中で31日、正月の箱根駅伝で2区を走った市出身の青学大4年梶谷瑠哉(かじたにりゅうや)さん(22)が講演し、陸上競技で学んだことなどについて話した。

 立志事業の一環。梶谷さんは2年生と保護者約230人に「中学時代の先生が陸上に誘ってくれたおかげで今がある」と明かし、夢や目標を持って行動することの大切さを説いた。生徒からは花束が贈られ、笑顔を見せた。

 実業団入りが内定している梶谷さん。「全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で区間賞を取りたい」と抱負を述べ、今後の活躍を誓っていた。