那須町で2016年3月、男性=当時(78)=が軽乗用車にはねられ死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた同町、会社員女の被告(30)の差し戻し審判決公判が31日、宇都宮地裁大田原支部で開かれた。東尾和幸(ひがしおかずゆき)裁判官は禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)の判決を言い渡した。