約130点が展示されている卒業制作展

 【宇都宮】作新学院高美術デザイン科の卒業制作展が30日、市文化会館で始まった。絵画や彫刻、漫画など32人の約130点を展示している。31日まで。

 釉薬(ゆうやく)を使わない「焼き〆(しめ)」の陶器を並べ独自の空間を造形した作品や昨年の全国高校総合文化祭に県代表として出品された生徒の油絵など、多彩な作品が並んでいる。