30日午後3時5分ごろ、宇都宮市下荒針町の空き地で火災があり、下草約7000平方メートルを焼き、隣接する梨園のビニール製保護シートが溶けた。宇都宮市、団体職員男性(70)がやけどを負った。

 宇都宮中央署によると、男性が下草を燃やしていたところ風により延焼したという。