JR東日本によると、29日正午ごろ、大田原市薄葉のJR宇都宮線野崎~矢板駅間の架線にビニールが付着してたため、宇都宮~黒磯駅間の上下線で運転を見合わせた。その後、付着していたビニールが自然に外れたため、安全確認を行い、午後0時17分に運転を再開した。

 このため上下2本に最大33分の遅れが発生し、約200人に影響があった。