【大田原】過去4回「日本一」に選ばれた市の星空と農産物の撮影を楽しむ「撮影スキルアップ講座」が2月2日、狭原の那須野ケ原ファームで開かれる。プロによる撮影指南と、同ファームのレストランで地元農産物やイチゴなどを使った夕食も楽しめる。29日まで参加者を募集している。

 とちぎグリーンツーリズム研究会と県那須農業振興事務所などの主催。大田原の魅力を知ってもらい、撮影した写真を会員制交流サイト(SNS)などで発信してもらうことが狙い。都内を中心に活躍するカメラマン知新温(あらたおん)さんが講師を務め、サトーカメラの協賛でカメラの貸し出しも行う。

 当日は夕日を活用した牧場風景の撮影の後、夕食のコース料理を食べながら農産物撮影を行い、夜は星空と夜景の撮影を体験する。

 同研究会は「星空撮影に興味はあるけれど、カメラがないという方でも参加できる。美しい星空、おいしい農産物と料理を堪能してほしい」としている。

 午後3~9時。カメラ、三脚、ハンディライトなど撮影機材を持っている人は持参する。定員15人で先着順。夕食込みで参加費4千円(税込み)。(問)同ファーム0287・54・0009。