羽を休めるハクチョウ=28日午前、塩谷町船生

 塩谷町船生の鬼怒川に170羽を超えるハクチョウが飛来している。左岸と中州に挟まれ流れが緩やかな川面で羽を休め、青空が広がった28日は、清流に身を任せながら気持ちよさそうに羽を広げていた。

 Web写真館に別カットの写真

 飛来地近くの敷地を管理する伴瀬竹一(ばんせたけいち)さん(68)=船生=は同日朝、昨シーズンの157羽を超える172羽を確認。「日光連山をバックに朝日を浴びて飛来する姿が美しい」と目を細めた。

 飛来地は国道461号の大渡橋の東、船場東交差点近く。河川敷への一般立ち入りはできない。(問)伴瀬さん070・1314・5110。