お囃子の競演が展開された今宮神社境内

 【鹿沼】「新春初打ち奉納囃子(ばやし)」が27日、今宮町の今宮神社で行われ、鹿沼屋台囃子保存会に加盟する24団体の約500人が今年初めて、自慢のおはやしを披露した。

 今回で5回目。同神社境内には、各団体の太鼓がずらりと並び、拍子木を3度打ち鳴らすのを合図に、そろいの衣装と白足袋を身に付けた各団体のおはやしが一斉に始まった。来場者は、大迫力のおはやしに聴き入ったり、ビデオカメラで撮影したりしていた。

 上深津こども囃子保存会の北犬飼中1年南侑奈(みなみゆうな)さん(13)は「緊張したけれど、いつも通りの演奏が出来た。楽しいひとときを過ごせた」と笑顔を見せた。