27日午後6時25分ごろ、宇都宮市上野町のJR宇都宮軌道敷内で火災があり、軌道敷内の枯れ草約38.75平方メートルを焼失した。けが人はいなかった。枯れ草から炎や煙が上がっているのを通行人が発見し119番した。

 JR東日本によると、小金井発黒磯行下り普通電車の運転士が宇都宮~岡本駅間を走行中に進行方向右側で火災が発生しているのを発見し、宇都宮線の宇都宮~黒磯駅間の上下線で運転を見合わせた。消火活動が終了し、安全確認を行い、午後7時22分に運転を再開した。この影響で上下2本は区間運休し、上り2本に最大59分の遅れが発生した。

 宇都宮東署で出火原因を調べている。