国学栃木-佐野日大リーグ戦 前半4分、国学栃木のスクラムハーフ・北村(右)が先制トライを決める=国学栃木高ラグビー場

国学栃木-佐野日大リーグ戦 後半12分、国学栃木のセンター・佐藤俊(中央手前)がトライを決める=国学栃木高ラグビー場

国学栃木-佐野日大リーグ戦 前半4分、国学栃木のスクラムハーフ・北村(右)が先制トライを決める=国学栃木高ラグビー場 国学栃木-佐野日大リーグ戦 後半12分、国学栃木のセンター・佐藤俊(中央手前)がトライを決める=国学栃木高ラグビー場

 県高校新人スポーツは26日、国学栃木高ラグビー場ほかでラグビー、サッカー、ホッケーなどを行った。

 ラグビーは国学栃木が45-0で佐野日大に完封勝ちし、24年連続26度目の優勝。前半4分、スクラムハーフの北村瞬太郎(きたむらしゅんたろう)が先制トライを決めると前後半で計7トライ。守っても鋭いタックルで佐野日大の反撃を許さなかった。

 サッカーは3回戦8試合を行い、佐野日大が8-0で宇北に圧勝したほか、さくら清修がPK戦の末、文星付に競り勝った。ホッケーは男女の1回戦計3試合を行い、男子の今市と今工、女子の今市と鹿沼東が決勝に進出した。